アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

税理士の役割

税金の支払い

税理士は会社や、または個人の所得に関して確定申告を行う場合のサポートを行います。
また税理士は、会社や個人のさまざまな状況に対応し、的確な税金の計算をします。
そして節税の利点や税務上での優遇措置に関してのアドバイスを行います。
また税理士は、税金に関する問題だけでなく、会社経営のパートナーの役割も任せられています。
そして関係する会社や個人の間で、お互いに作用しそうな場合には、紹介や出会いの場を提供することも税理士の役割です。

行政書士の役割
行政書士の仕事には、役所に提出する書類の作成と申請手続きの代理、権利義務に関わる書類の代理作成、そして事実証明に関する書類の3種類の書類を作成、代理する業務と、これらに関係する相談業務があります。
また行政書士には、依頼者が簡単には伝えられない本音を、いくつか捕捉して、行政側などへ伝える代弁者になることができます。
手続きがスムーズに進むように、依頼者と行政の双方の意見をよく聞き、書類提出を行います。

資格の有用性

依頼人

日本の雇用形態は長く終身雇用制度が維持されてきましたが、不況が長く続いた結果、大企業などにおいても早期希望退職の募集やリストラなどが行われるようになっています。
実際に長く企業に正社員として勤めること自体がリスクとなる時代になったと言えます。
このような厳しい雇用情勢の中で、自らの生活を守るためにも、資格取得などで独立開業を行う会社員も増えてきています。
自衛のためにスキルをしっかりと身に付けることが重要になっているのです。
そのためにも弁護士などの法律資格があると便利でしょう。

法律資格について

弁護の依頼

独立開業を行うためには、資格取得が近道ですが、様々な資格の中でも、個人で仕事が可能な資格が注目されています。
特に法律関係の資格については、個人事業が殆どであり、会社を退職した後にすぐに仕事を始めるには最適な職種と言えます。
この法律資格には弁護士、税理士、司法書士、行政書士などがありますが、資格の取得のしやすさから行政書士が特に人気があります。
実際に行政書士は様々な申請書類を扱えることから幅広い仕事が可能となっています。

行政書士の仕事

女性の税務士

行政書士は行政機関へ申請する書類作成が主な業務となっていますが、行政機関と言っても様々な種類があり、作成できる書類は数百以上もあります。
この中で行政書士として安定した収入を得るためには、車庫証明や建設業申請などの業務が注目されています。
車庫証明については、自動車ディーラーなどから仕事を依頼されれば安定した収入が確保でき、また建設業申請については、地域の建設会社との繋がりで仕事を得ることが出来るのです。
このように、行政書士は比較的簡単に資格取得ができる上に、安定した収入が確保出来る資格なのです。